エコ性能に優れた設備

リフォームや新築の際にオール電化仕様を希望される家庭が増えています。
オール電化にすることで省エネ性や安全性を高めることができるからです。

 

賃貸住宅でもオール電化の賃貸物件が増えてきています。
いままで賃貸物件で使用している熱源は主にプロパンか都市ガスのどちらかが主流であったため、
新しく入居するときに、ガスコンロを自分で購入する必要がありました。

 

オール電化物件の場合、すでにIHコンロが取り付けられているため、新たにガスコンロを購入、設置する必要もありません。

 

今まで賃貸住宅でプロパンガス仕様の物件で生活されていた方は、特に光熱費削減効果を強く実感できると思います。

 

他にも環境性能に重視した設備を取りいれている賃貸物件が増えています。
照明に関してもLEDを取りいれている賃貸物件が増えてきています。
LED照明は省エネ効果に優れており、寿命も長いため長く使うことができるのです。

 

太陽光パネルを設置してそれを入居者に還元している賃貸物件も見つかります。
太陽光パネルで発電した電気に関しては、オーナーさんの自宅の電気として使用することもできますが、
入居者の自宅に引いてもらってその分の電気代として充当してもらうことができるのです。

 

発電量が使用量を上回ると、光熱費がゼロ、それによりプラスの利益が出ることもあります。
そういったタイプの賃貸物件は家賃が相場よりも高めに設定されているかもしれませんが、
光熱費削減効果が非常に大きいため、家賃を多少多く支払ったとしても十分居住する価値があると言えます。